見直しやすいノート作り

こんばんは、アシスタントの白數です。

今日は生徒A君とノートの取り方の話をしていました。いつも綺麗にノートをとっているA君は、後で見直す時に見直しやすいようにしていると言っていました。

これはA君の言う通りで、ただ先生が黒板に書いていることを書き写すだけでは勉強にはなりません。重要なのは、後でそのノートを見直した時に、先生が言っていた重要な内容・覚えなければならない事柄がいかに分かりやすく見直せるか、ということです!

それを考えると、読めない字であったり、書いたり書かなかったりということをしているようではノートの意味がないですよね?

自分の苦手だと思ったことや、覚えきれていないことも書き留めたりしていくと、どの参考書よりも自分にあったものができあがります(^^)

一度、見直しやすいノート作りにチャレンジしてみましょう!

コメントを残す