効率と応用

何事にも効率というものがありますよね。そして、効率は良い方が何をするにも楽だというのは誰しも共通の見解だと思います。

さて、今日はとある生徒が数学の授業を受講していましたが、そのアドバイスタイムのときの話です。

彼女は満点のチェックテストを持ってきてくれましたが、どうにも苦戦した様子。それもその筈、二次関数の区間と最大最小という、初めての人にはなかなかどうして重たい範囲でした。

そんな中でも授業内容を理解して満点を取ってきてくれたことは非常に嬉しい限りだったのですが、問題はその後。「これ、難しくなってきたら線が二本引かれてることあるよ」と、絶対値記号の話をしたところ、絶対値記号がとても苦手だという話をしてくれました。

結論から言うと、彼女は “絶対値記号を外す時は、+と-に分ける” という暗記をしていたために、絶対値が出来ていなかったようです。

そうではなくて、 “絶対値記号は+のものはそのままで、-のものは符号を入れ替える。つまり、中に入っている数字そのものの大きさを表している” という理屈のところから理解できていれば、絶対値記号が苦手になることは無かった筈。

「Aと来たらB!!」 と、一対一対応で結果だけを覚えるのでなく、その理屈まで理解していると勉強の効率は格段に上がります。それは、他のことや、難易度の上がった問題に対しても応用が効くからです。

是非とも “どうしてそうなるのか” という理屈の部分にも目を向けるようにしてみて下さい。

コメントを残す