受験に臨むにあたって、、、

今日は、大学入試を明日に控えた生徒が来てくれていました。

「もう落ちたわ」などと言うものですから、「受かる受かる」と言って励ましていましたが、どうにも元気になってくれません。

2週間ほど前は「俺受かりそう」と言ってくれていたのですが、テスト前の緊張感からどうしても不安になってしまったようです。

受験当日は心の調子がテストの結果に反映されることが多々あります。『自分は絶対に受かる!』という気持ちで臨むのと、『受からないかもしれない、、、』という気持ちで臨むのでは前者の方が断然良いです。

テストまでまだ日のある内には慎重に慎重を期して悲観論で備え、テスト当日には『絶対に受かる!!』と楽観論で挑むのが最も良い結果に結びつくと思います。

そのためにも今はたくさん勉強して少しでも自信を持って本番に臨めるようにしましょう。

コメントを残す