長い勉強を生活のルーティンに!

こんにちは、アシスタントの長田です。

8月に入ってすでに1週間が過ぎました。たいていの学校では夏休みが残り約2週間ほどという頃ではないでしょうか?その2週間も気づけばあっという間に終わってしまいます。

さて、そんな長いようで短い夏休みですが、日々の生活で普段よりも多めの勉強時間は取れているでしょうか。3年生は入試に向けての苦手の穴埋めと得意の強化。1,2年生は勉強習慣の定着をさせることを基本にして、自分に必要なものを肉付けしていくことが必要です。

生徒に毎日長時間の勉強が出来ているかを聞いてみると、「受講と課題やって自分の勉強もやってるから十分できてる」という人や、逆に「部活が忙しいということであまりできていない」という人もいました。
ただ、できていないという人に普段どれくらいできているのかと細かく聞いてみると、少なくとも2~3時間はやっているようです。更にその内訳は何かというと多くが予習復習を含めた受講による勉強時間だそうです。

慣れない間は長時間自分で勉強することは大変です。ただそれでも、今日はこれをやる!や、この日にこれを受講する!と決めて取り組むことで、全く勉強しないということにはならずに済んでいるようです。

自分の勉強を自分でできることがベストですが、それが出来なくてもその日や近日の学習計画を立てるだけでもやる気と行動に繋がります。
普段なかなか勉強を始められないという人は簡単にでも学習計画を立てるところから始めて、長時間の学習を生活の一部にしてしまいましょう!

P1020129

コメントを残す