勉強ってなんだろう

こんにちは、アシスタントの長田です。

今日は昨日、一昨日に比べ日中ずっと雪が降っているようなこともなく少しは安定した天気だったかな?と感じました。
なかなか暖かい日が来ませんが体調を崩さないように気を付けましょう。

さて、タイトルでも書きましたが勉強っていったいなんなんでしょうね。そう聞くと返って来そうな答えは
「賢くなるためにするもの」、「知らないことを知るためのもの」
辺りが多いのかなと思います。

上の写真は歴史学者ウィル・デュラントの言葉ですが、よくありそうな答えとは考え方が逆転してあり勉強とは「自分の知らないものを知る」のではなく「知らない自分を知る」ことだと述べています。

こう考えると見え方が変わって面白いですよね。様々な知識を頭に詰め込むのが勉強だと考えていたのが、そうではなく自分の無知な部分を見つけに行くのが勉強だと。

これならどちらかといえば今まで圧迫感があった勉強が、自分探しのようにも思えてきませんか?

もちろん自分の知らないことを見つけただけで満足していてはいけません。
無知な部分を見つけたらそこを既知に変えていかないと意味がないです。

河合塾マナビスで新しく広がった枠に知識を一緒に埋めていきましょう!